skin-check

目元の小じわに良いとされるコスメは?

目元の小じわに良いのはオールインワン!?

 

目元の小じわは、30代を過ぎると気になり始めるものです。慌てて保湿をしてみても時間が経つと元に戻ってしまい、がっかりするという人も多いでしょう。でも、年齢肌に合った成分をきちんと与えてあげれば、肌はちゃんと元に戻ります。

「それには手の込んだお手入れが必要なのでは?」

と思った人には、本当に効果が期待できる簡単アイテムのオールインワン化粧品をオススメしましょう!

お悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね!

【今だけ500円】ライスビギンの小じわを目立たなくする石鹸の潤い効果が凄い!

 

 

乾燥小じわはどうしてできるの?

乾燥小じわ

年齢を重ねると自然にできてしまう乾燥小じわは、一体どんな原因で起こるのでしょうか。

健康な肌は、肌表面の角質層のキメがそろっていて、水分をしっかりキープすることができます。化粧水で与えた水分は肌にすーっとなじみ、角質層にためこまれます。

ところが、肌が乾燥していると角質層はキメが粗くなり、ザルのような状態になってしまいます。「それなら簡単に水分が奥へ入っていくのでは?」という発想は間違いです。水分と一緒に雑菌やアレルゲンも入り込みやすく、水分は隙間からすぐに蒸発してしまいます。

つまり、ため込みたい水分はためられず、刺激に弱い肌になってしまうのです。

このような肌は、紫外線の影響を受けやすく、肌の奥から乾燥が進み、悪循環が始まって肌の劣化がどんどん進みます。こうなると、肌の土台となる部分が痩せてくるので、小じわができてしまうのです。

乾燥小じわに効く成分は?

ライスパワー

乾燥小じわが増えるのは、肌が乾燥して角質層のキメが乱れ、肌の奥も乾燥して痩せていくのが原因です。反対に、保水力のあるしっとりふっくらした肌になれば、小じわは減っていきます。

では、乾燥しやすい年齢肌をしっとりさせるには、どんな成分が効果的なのでしょうか?

肌表面の角質層になじみやすい保水成分として、“セラミド”があります。昔から保湿成分として知られており、さまざまな化粧品に配合されてきました。でも、本当に効き目のあるセラミドは限られているのです。

多くの化粧品に配合されているセラミドは、浸透しにくいと言われています。ですから、同じセラミドを与えるにしても、本当に効果のあるセラミドを見きわめないと、悩みを解決できないのです。

 

ライスパワー11配合のオールインワン

そこで、肌になじむセラミドとして今注目を浴びているのが、ライスパワーエキス11です。

「ライス」という名の通り、お米から抽出された成分です。肌に浸透し、保水力を改善する有効成分として認められているという点も、信頼できる成分と言えますね。

 

これまでも角質層にしっかり浸透して保湿力のある成分として人気がありましたが、便利なオールインワンには配合されていませんでした。

その待望のオールインワンがこちら、ライスビギン オールインワンエマルジョンです。

ライスビギンオールインワン

>>ライスビギン オールインワンエマルジョン

check

便秘に良いとされている食品あれこれ

便秘にはこれ!とよく言われている食材をまとめてみました。

 

便秘は、精神的、肉体的、あるいは生活習慣などが原因となって起こるといわれ、男性よりも女性に多くみられるようです。

この便秘には、食品で改善することができる習慣性便秘(機能性便秘)と、消化器に疾患があって起こる器質性便秘があります。

習慣性便秘は、大腸の働きが異常になったときに起こりやすく、器質性便秘は、腸閉塞、慢性腸炎、ガンなどの病気によって、腸内が狭まって起こるとされています。

便秘の多くは、原因がはっきりせず習慣性のもので、大腸の働きが弱まっている弛緩性便秘は、繊維質を多く含む食品をたくさんとれば改善します。

また、大腸の蠕動運動が活発すぎて起こりやすい、けいれん性便秘は、ストレスからくるものが多いといわれており、

慈潤作用のあるものを多食するようにします。

 

けいれん性便秘に

 

ゴマがいい

けいれん性便秘は、ストレスなどによって腸が刺激を受けすぎて、
起こる便秘です。

この場合、便秘が数日続いたあと、コロコロとした便が出るのが特徴です。

このようなときは、慈潤作用のあるゴマを食べます。

ゴマには、ビタミンEやリノール酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれます。

また、腸内で潤滑油的な働きをする慈潤作用があるので、積極的にとりたい食品です。

 

バナナ

便秘の人や痔のある人にも、バナナを毎日1本食べると効果的です。

バナナには、腸を潤す作用と清熱作用(熱をとる作用)があるといわれています。

 

 

弛緩性便秘に

ゴボウ

大腸の働きが弱いために起こる便秘には、植物繊維が多量に含まれる食物を、毎日とるようにします。

ゴボウの消化されない線維分が、腸内で発酵しガスを発生させて、腸内の粘膜が刺激され排便を促します。

また、ゴボウの線維には、食物の水分をよく吸収して便通を促したり、脱コレステロールの作用もあるといわれています。

この他にも、この植物繊維は糖分吸収を遅くし、糖尿病や肥満の予防にも効果があるとされています。

植物繊維の多い野菜には、コボウのほかにも、セロリやニンジン、タマネギ、トマト、レタス、リンゴなどがあります。

繊維質の多い食物は、腸内の好気性細菌の発生を促してくれます。

また、大腸ガンを防いでくれるという研究結果が発表されています。

 

以上便秘に良いと言われている食材ですよ!!

カイテキオリゴ調査

花粉症と便秘の改善には腸内フローラを整える“カイテキオリゴ”が効く?

花粉症と便秘について調べてみましたよ

花粉症であって、かつ便秘でもあるという方、いらっしゃいませんか?パッと聞いたところ、この二つはあまり関係がないように思いますが、実はお互いに深く関わっているのです。

今回はそれらがどのように関わっているのか、またそれらの改善に効果的なサプリメント“カイテキオリゴ”をご紹介したいと思います。

花粉症と便秘でお悩みの方はぜひ、参考にしてみてくださいね!

【花粉症対策】には、善玉菌を活性化させるヨーグルトが効くという情報も入手しましたが、こちらは今度ご紹介しますね。

 

 

 

さて、花粉症と便秘の共通点、それは“腸内フローラ”です。

 

なぜ、この花粉症と便秘が深く関わっているのか、まずはそこからご説明していきましょう。

便秘というと、水分不足や排便の我慢によるものと思っている方も多いのではないでしょうか?もちろん実際に、そういったことがきっかけで便秘になることもありますが、便秘というのはもっと根本的なところ、つまりは腸内環境の問題です。

・善玉菌
・悪玉菌
・日和見菌(ひよりみきん)

これらの菌それぞれが群れをなし、その光景がお花畑のように見えるということから、この腸内の環境を腸内フローラと呼びますが、便秘というのは大抵の場合、この腸内フローラの状態が悪い状態。

 

 

つまり腸内で悪玉菌が優勢になっている状態です。その為、便秘の解消には善玉菌を常に優位にしていくことが必要となります。

そして、この“腸内フローラ”の状態が良くない場合、花粉症症状を引き起こしてしまう可能性も高いのです。

体内の免疫細胞は体全体に分布されていますが、実はこの腸内の細胞が約70%を占めています。花粉症症状は免疫機能の異常によって起こりますが、腸内環境が悪く悪玉菌が増えることで、それらを引き起こしてしまうのです。

便秘と花粉症が深く関わっているというのはこういった事からなのです。

 

 

 

花粉症と便秘に効果的な“カイテキオリゴ”

カイテキオリゴがいいらしい!!

この腸内フローラを整えるのにオススメなのが“カイテキオリゴ”というサプリメント。カイテキオリゴは「便秘&花粉症」の両方で悩んでいる方にオススメできる商品なのです。

 

便秘の解消にはオリゴ糖が効果的だといわれていますが、実はこのカイテキオリゴは日本で一番売れているオリゴ糖として有名です。

北海道産のてん菜(サトウダイコン)から抽出したオリゴ糖を元に、販売元の北の快適工房さんの特許技術「EOS理論製法」を用いてつくられた当商品はなんとモンドセレクション金賞を受賞するほどの実力。

ネットと口コミを中心に広まった商品ですが、今までになんと30万以上の人が利用しているのだとか。こちらに口コミをまとめてありますので、気になるという方はぜひご覧下さい↓↓

 

【カイテキオリゴ】便秘を解消する日本一選ばれているオリゴ糖の口コミは?

 

 

いかがでしたでしょうか?

腸内環境というのは、お通じをはじめ様々なものに影響を及ぼします。“花粉症と便秘”、一見関係がないようで実はこのように密接に関係しているのです。

もしこれらの症状でお悩みの場合、腸内フローラのバランスを整える為にも、一度試してみてはいかがでしょうか?

カイテキオリゴでお腹の中から綺麗になり、より健康な毎日を過ごせるようにしていきましょう。